本園は、学校教育法に基づく学校法人の幼稚園です。
この幼稚園は「生きていることに感謝し、陽気ぐらしのできる子どもたち」(建学の精神)を故川守田富治が願い昭和49年三戸郡で初めて学校法人立幼稚園が設立され、創立者の意思、建学の精神を基に教育目標を定めてあります。

  「三つ子の魂百までも」という言葉がありますが、真に幼児教育を指し人格形成の基をなしていると言わざるを得ません。人格形成の人格とは価値ある人間、いろいろな社会生活において社会に貢献できる人間ということだと思います。
子どもたちには、みんな子どもの人権があります。子どもの人権とは、ただ可愛がられるということではなく、子どもが安心して教育を受けることができる権利を指し、それに対して保護者がその義務を負い、社会全体がそれを受け入れることにあると考えます。

  人間が二人以上になると社会が形成されますが、協調性(助け合い)が無ければ社会は成立しません。お互いが助け合って(思いやり)こそ社会生活が成立するものです。子どもたちは、遊びを通してお互いに仲良く遊ぶということから思いやりの心が生まれ育ちます。また、身体を使った遊びは身体機能の発達において絶対必要不可欠な遊びです。それぞれの遊びは目的意識を持った遊びでなければなりません。このような遊びの中では冒険の日々が続きますが、安全に配慮(危険予知能力)ができる能力が生まれ育ちます。身近な動植物と遊ぶ(お世話)ことにより相手に対する、いたわりの心や感謝の心が芽生え育っていきます。いろんな遊びに夢中になって遊ぶことにより、自己達成の喜びをあじわうと共にやりとげる忍耐力も芽生えてきます。その中から自然に生活の知恵や、創意工夫の心が生まれ生活習慣も身についてきます。このことからもわかりますように、幼稚園教育は人格形成の基礎をなしていると考えます。

  長い人生の間には、時として挫折することや、いろいろな困難にぶつかる事もあると思います。その時には自らの力で立ち上がる強固な意志と、努力する心はこの幼児期にこそ培われるのではないでしょうか。

  教育には、絶対変えてはならない「芯」となる教育の目的と、その時代に合わせた教育の内容の二つから成り立っていると考えております。
教育の不変すべき芯「建学の精神」を基に、その時代のニーズに合った教具教材を用いた教育内容(方法)のひとつとし、その時代に対処できる心豊かな子どもたちを育てていきたいと考えております。

  以上、簡単に本園の教育方針を述べましたが、保護者のご理解とご協力が無ければとても達成できるものではありません。皆様と共生共育を台として、心豊かな子どもの成長のため努力してまいりたいと考えております。
園長 川守田道治