幼い子どもたちは、限りない可能性と創造力を持ち合わせております。自立心を養い、健康で陽気な子どもたちを育てるために、集団生活の場を通して、持って生まれた天分を助長し、小さな芽「さんさいごころ」を大切に「生み育て」てやれるようつとめております。

 「三つ子の魂百までも」と言われてますが、いつかこの子どもたちも社会へ羽ばたき巣立っていきます。その生涯の支えとなるものを今の幼児期にしっかりと培ってもらい、おおらかな子どもに育つよう父母の皆様と手を携えて、子どもと共に歩んでいきたいと思います
 
 子どもたちの小さな芽生えが双葉となり、健やかに青葉を身につけ若木に育って将来、社会に貢献する用木のように成人することを心から念願しております。
 
 本園は「生きていることに感謝し、陽気ぐらしのできる子どもたち」を建学の精神に、学校教育法に基づき幼児を教育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的としております。
学校法人高渕学園  理事長 川守田良修