◎その他心配
『早く先生になじめるかしら』『お友達と仲良くできるかしら』その他いろいろと心配ごとがあってもおもてに出さず、お子さんと接しましょう。そして担任を信頼しておまかせ下さるようお願いします。
日曜や連休のあと登園をしぶることがあります。病気でない限り幼稚園に登園させましょう。一度わがままを通すと、くせになりがちですから気をつけましょう。何が原因でいやがるのか、担任と話し合いましょう。
『泣いていないかしら』『友だちにいじめられていないかしら』『ひとりでぼんやりしているのではないかしら』等いろいろ心配すると思いますが、担任は一人ひとりの様子をよく見ていますので、あせらず長い目で成長を考えるようにしましょう。このような心配は子どもが先に察知し、逆に登園をしぶったりします。
入園して登園をしぶる子は全員いると思って下さい。それは入園直後や1〜3ヵ月後だったりします。個から集団へと移行する時の心の葛藤で、成長の一つのプロセス(自分でイメージした幼稚園と違うと思い始める過程)ですから、心配でしょうけど、家庭と園で手を携えその子の不安や不満を聞き入れ、初めての園生活を楽しいものにしてあげたいと思っております。 このことは学校等の不登校とは全く質(集団等の対人関係等における知恵の成長過程)が違いますので、そこまで心配なさらないで下さい。