=災害が発生した場合はこのようにして下さい=
 天変地異は、私達が予測できるものではありません。園としても非常事態が起きたときにお子様をどのように安全に保護できるか、園の方針をお知らせします。
 いざという時に、保護者の皆様も速やかに行動できるように ご協力をお願い致します。
1. 地震の場合は、その他の火災発生が考えられますので、その状況によって園内または園外へ避難致します。電話線が切れて緊急連絡が使えない場合は、テレビ、ラジオなどのニュースで状況を判断してお迎えに来て下さい。他の場所へ避難する場合は“玄関”に避難先を貼りだしておきます。
2. 火災の場合も1と同じですが、迎えにこられる場合は、逃げることだけで園児が相当疲労しています。迎えの場合は、できるだけ早く迎えに来て下さい。
3. その他の非常事態が起きた場合も、程度によっては上記のような避難を致します。
迎えに来た場合
園児の避難先を確認して下さい。
連れて帰るときは、担任または園の職員に組名、園児名を言って園の職員が園児名を記入するのを確認してから帰りましょう。
(職員とご家族の方とお互いに顔を知っていても非常時には間違えることがありますので、必ず確認しましょう)
翌日からの園の方針は玄関に掲示し、電話連絡で何人かの協力により緊急連絡網で流します。
情報にに惑わされないようにしましょう。
4. お子様への日常の指導
 園では、つぎのように園児たちを指導致します。ご家庭でも折にふれて(ニュース等を利用して)教えてあげましょう。
幼稚園で地震や火災が起きたら先生または大人の言うことを良く聞いて行動できるようにします
泣いたり騒いだりすると、話しが聞こえないので静かに聞いたり行動する。特に、自分勝手に逃げ出さない。また戻ったりしないようにします。
けがをしたり、具合が悪くなったら先生に言えるようにします。